小僧ども、ピアノを弾け

アラサーの雑記ブログ  五等分の花嫁が好き

リスボンでヨーロッパリーグ スポルティング・リスボン対PSVを観戦したので語る

リスボンでUEFAヨーロッパリーグ(EL)スポルティング・リスボン対PSVアイントホーフェンを観戦したので語ります。よろしくおねがいします。

 

f:id:frederic-chopin:20191217195045j:plain

 

スタジアム:エスタディオ・ジョゼ・アルヴァラーデまでのアクセス

試合はスポルティングのホームスタジアムまで、エスタディオ・ジョゼ・アルヴァラーデで開催されました。

スタジアムはリスボン地下鉄(リスボンメトロ)のカンポ・グランデ駅が最寄りで、徒歩で3分ほどの位置にします。

カンポ・グランデ駅はリスボンメトロの緑線黄色線が乗り入れています。

f:id:frederic-chopin:20191217194832j:plain

バッグ・荷物・カメラの持ち込みについて

バッグの持ち込みについての記述を見つけられなかったので、イングランドと同じように、A4以下のバッグを持っていきましたが、持ち込み可能でした。

カメラについても何も言われることなく、持ち込めました

スタジアム内でタバコを吸い始める客がいたように、持ち込み基準はイングランドに比べてだいぶ緩いようです。

スタジアム内ではフリーWi-Fiサービスは実施されていませんでした。

f:id:frederic-chopin:20191217194959j:plain

 

メガストア

スポルティングもポルトガルのビッグクラブだけあって、メガストアが併設されていました。価格については、日本で買うのとあまりかわらない印象です。

f:id:frederic-chopin:20191217194931j:plain


 

電車からスタジアムまで

私はホテルの最寄りのロシオ駅からカンポ・グランデ駅まで向かいました。地下鉄の中ではPSVのファンのボルテージが高まっていて、大合唱していました。レプリカのユニフォームを着用する場合は、スタジアムについてからが良さそうです。

f:id:frederic-chopin:20191217194736p:plain

 

まとめ

今回、ポルトガルで初めてサッカーの試合を観戦しましたが、規制については、イングランドよりもずっと緩いです。英語が通じないということもなかったので、ポルトガル語がダメでも全く問題ありませんでした。また、ポルトガルでサッカーを見たいと思わせてくれる。いいスタジアムでした。