小僧ども、ピアノを弾け

アラサーの雑記ブログ  うろたえるな小僧ども

ミスチルの非モテコミット曲をまとめる

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 

さて新年、最初の投稿はMr.childrenの非モテコミット曲についてまとめてみたいと思います。

f:id:frederic-chopin:20181130004757j:plain
 

 

非モテコミットとは「欲求不満な男が、ちょっと優しくしてくれた女を好きになり、この女しかいないと思いつめ、女にすかれたいと必死にアプローチすること」を指します。そこから転じて、今回は「女を落とす、またはキープするためにひたすら甘ったるいことを歌うラブソング」を非モテコミット曲として、まとめてみたいと思います。

このように非モテコミット曲を定義すると、世の中のバラード曲はほぼほぼ非モテコミット曲に該当し、それを聞いてきた多くの人が非モテコミットするのはしかたがないといえるのではないでしょうか。

 

なお、しょぱんはミスチル信者であり、ミスチルをディスる意図は一切ございませんのでご了承ください。

 

 

 

君が好き

 


Mr.Children「君が好き」Music Video(Short ver.)

2002年1月1日発売の22枚目のシングル。タッキーの初月9主演ドラマ「アンティーク〜西洋骨董洋菓子店〜」の挿入歌としても使われました。

『君が好き』というなんの捻りもない想いをストレートに表した曲名から非モテの臭いがぷんぷんします。

そしてこの曲の最大の非モテポイントはサビです。「君が好き 僕が生きる上でこれ以上の意味はなくたっていい 」 はい、ここです。ここの思い詰めた感じは数あるミスチルの名曲の中でも随一といっていいでしょう。恋人関係にある、もしくは確実に自分に惚れている以外の場合は女の子を口説くとくに歌っちゃだめですよ。絶対。

ちなみに曲中で「君が好き」というフレーズは5回でてきます。こんな薀蓄を合コンやキャバクラで得意げに語るのもダメゼッタイ。非モテ認定されます。

 

365日


Mr.Children「365日」Mr.Children TOUR POPSAURUS 2012

2010年12月1日発売のアルバム「SENSE」に収録されているバラード曲です。NTT東日本・NTT西日本のCMタイアップ曲(ガッキーがでてるCM)で使われました。アルバム発売前からコンサートで披露され、非常に評判が高かったのを覚えています。ミスチルの数ある名曲のなかでも、最もメロディアスな一曲なんではないでしょうか。

そんな本曲はとにかく『彼女一筋、それ以外は眼中にねえ!』といった感じでとにかく想い。

『365日の 心に綴るラブレター 情熱に身を委ねて書き連ねる』
『365日の 君に捧げる愛の詩』:この歌詞の展開から、心に綴ったラブレターを文字に起こし彼女に捧げたと捉えられますが、ラブレターを渡す行為。完全に悪手です。これは私の経験ですが、大学の頃、三鷹のジブリの森美術館でデートした子への想いが一人で盛り上がってしまい、ラブレターを書いて登校前の彼女にサプライズで渡したことがあります。今考えれば完全にストーカー、ほんとにどうかしてるぜ状態でした。もちろん、返事はもらえず二度と彼女に会うことはありませんでした。ラブレターを送ることで相手の『心が動くことはない』。たった一度の経験ですがそう思わせる絶望感がありました。

  

 常套句


Mr.Children「常套句」Music Video(Short ver.)

 

2012年11月28日発売のアルバム[(an imitation)blood orange] に収録された常套句。生田斗真ドラマの主題歌と起用されました。

『君に会いたい  君に会いたい 何していますか  気分はどう 君に会いたい  君に会いたい 愛しています  君はどう 君に会いたい 君に会いたい 愛しています』

以下の歌詞から想像するに、?付きのLINE連発、そして彼女のことで頭がいっぱいでしかたないといったアルティメット非モテ感がほとばしっています。もはやなんの変哲もない非モテ歌。そう思えます。

 

だが、しかし、そこは天才シンガーソングライター桜井さん。この常套句。ナンパ師の歌としても捉えることもできるのです。というのもアルバムの題名を和訳すると『模造品のブラッドオレンジ』となるのですが、『君に会いたい 君に会いたい』というフレーズは多くの女に声を掛けるための“常套句“であって、この言葉は本物の愛の言葉ではなく“模造品”であるという解釈も可能。まさに目から鱗。一つの曲で非モテとナンパ師の双方の心情にコミットする桜井さんのポエム力に脱帽です。

 

まとめ

コンサートに行って以降ミスチルの曲をまた聞き直したのですが、桜井さんやっぱりいい曲書くなと再認識させられました。これから、ずっと非モテにコミットした曲を作り続けてほしいです。

また、ナンパ師コミットした曲は『フェイク』や『マシンガンをぶっ放せ』などがありますのでナンパ師の方も是非きいてみてください。